仕事 転職

仕事のキャリアアップとは

仕事のキャリアアップとは

終身雇用制度が崩壊した最近は、仕事のキャリアを、自分で考えなおさなければならない状況になっているといえます。

これまではひとつの会社の中で継続して仕事をしていればキャリアを作ることができ、キャリアを築くことに悩むようなことはなかったといえます。

今は生涯にわたって仕事を続けられる会社と出会うのは大変なことで、キャリアを自分で築いていくのが困難という人も多いようです。キャリアアップをこのような時代にするには、どうしたら良いのでしょうか。

仕事をするうえでより高いモチベーションをキープするためにキャリアップは大切なきっかけです。仕事も面白くなってくるので、自分を成長させるためのエネルギーは非常にプラスに働きます。

何となくキャリアアップという言葉を使っていると逆にどの方向にキャリアを構築したらよいのかはっきりせずに迷い続けてしまうこともあるでしょう。

何度も転職をして、キャリアをなかなか積み上げることができないことで苦慮している人もたくさんいます。方針が2つあるのが、仕事のキャリアアップです。

広げるタイプと深めるタイプの2つの方法があるといわれています。キャリアアップの中でもひとつのスキルレベルとどんどん上げていくのが、深めるということです。

広げるタイプの場合には、スキルのバリエーションをどんどん多くしていきます。

仕事を継続するために重要なのは、自分がどっちのタイプでキャリアアップしたいのかを考えて、目的をクリアにすることです。

転職活動を開始するときは

転職活動を始めるにあたってどのくらいの期間活動にあてるのかを考えておく必要があります。

求人票を吟味して、応募所類を作成し、採用面接を受け、内定をもらって転職を完了させるまでには、3、4カ月はかかるものでしょう。

最短でも、一つ一つの手続きを、1週間ずつあけながら行っているという感覚です。

実際の転職活動の進め方は、企業ごとに大きく違っているものです。転職活動をする時には、イメージしていたよりもずっと話が早く進んでしまうことがあります。

企業側は内定を出したらすぐに働いてほしいと思っています。だいだい3か月程度で面接から入社までを進めると採用側が決めているのに自分で入社は半年後といったイメージを持っているとズレが生じてしまいます。

ある程度は融通がきく企業もありますが、多くの場合は3~4カ月後から働くという状況を想定して、転職活動をすることがポイントになります。

これまでのキャリアの見直しと自己PRポイントの整理が、転職活動では必須です。紙を用意して、今までの職責や実績、スキル、資格、そこから得たものなど、自分の今までを振り返って確認していきます。

自分以外の人から、アドバイスを受けることも大事です。転職するときにはある程度の資金も必要です。慌てることのないように転職活動の資金計画もしっかり立てておきましょう。

-仕事, 転職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5