仕事 転職

仕事を辞めたい理由

仕事を辞めたい理由

何らかの仕事を今現在している人で、常に辞めたいと感じている人は実はとても多いと言われています。人によって、どうしてその仕事を辞めたいのかは違います。

小さい頃からなりたいと思っていた仕事を、努力を重ねてようやくなったとしても、辞めたいという気持ちが全くないということは珍しいといいます。

辞めたいと思ったことがなかった仕事でも、状況が変わったことで気持ちが変わってしまうこともあります。個人で行う仕事であっても、仕事を進める上では周りの人とのやり取りが不可欠なものです。

おのずと人間関係も生まれてきます。仕事を辞めたいと考えるようになるきっかけが、会社での人と人との関わり合いから発展したトラブルである場合もあります。

仕事自体にやりがいを感じることができずに辞めたいと思う人も少なくありません。勤続年数が多い人の方が出世するという会社に入った若い人の中には、自分の能力が正しく評価されていないと感じることがあるようです。

若い人ほど辞めやすいという原因にもなっています。同じように福利厚生の内容などが自分に見合っていなかったり、仕事に対する収入があまりに少ないことは不満に感じやすいようです。

給料や待遇のために仕事を辞めたい人は多いようです。

仕事を辞める為の準備期間について

辞めたいと考えたことがある方は少なからずいるでしょうが、仕事の退職は一朝一夕にはいかないものです。

辞めたいと思い立ってすぐに辞めるのではなく、半年程を退職のための移行期間と考えます。引き継ぎを滞りなく済ませることは、円満退職では欠かせません。

仕事を継いでくれる人に対し、手順やノウハウを余さず伝えましょう。責任のあるポジションに就いている方なら尚更です。

仕事を辞めたいという気持ちが先走り、中途半端に投げ出すようでは、次の就職先にも響く恐れがあります。状況次第という面もありますが、一定期間は働いていた会社ですから、礼儀として自らの職務は果たしましょう。

次の仕事を見つけるまでには、一般的には数ヶ月掛かります。急な転職となれば、希望の仕事に就けない可能性もあります。可能ならば今の仕事を続けながら、こっそりと求人情報をチェックして採用試験を受けに行くことです。

雇用保険や雇用契約書について調べることも必要です。採用された職場までの距離によっては引っ越しが必要ですが、その段取りも考える必要があります。

仕事を変えるにいい時を狙い、辞めたいという気持ちだけに引きずられないようにしましょう。

ぐっとこらえなければならない時もあります。いくら辞めたくても、周囲の状況がそれを許さないということはありるのです。

その分、ここぞという時に辞めることができるよう、仕事を辞めたいと思ったら準備は怠らないようにしましょう。

迷惑をかけない円満退職の仕方

会社とトラブルを起こさないよう、円満退職を目指しましょう。

退職の希望は、まずは直接の上司に伝えます。ここを飛ばすと上司の管理能力の欠如が疑われます。

日頃よく話をする人が別な上司であっても、直接の上司に退職をしたい旨は最初に伝えてください。拒否された時などは更に上の人に言います。退職したいという意向が通ったら、実際にいつ頃退職するか話し合いましょう。

後の人に引き継ぐまでに必要な時間や付き合いのある人へ挨拶、社内の業務調整などを丁寧に済ませていくことで円満退職ができます。まず初めは、いかにスムーズに上司に退職の意向を伝え受け入れてもらえるかです。

少し時間をくださいと上司にアポイントを取り付け、周囲に人がいない環境で退職したいことを言います。

退職理由を尋ねられたら、人間関係や待遇などで不満がある場合でも、不満を理由にすべきではありません。

君に辞められたら困るなどと引き留められることもありますが、すでに転職先が決まっている時には自分の意思を曲げないようにします。

会社を辞める時に円満退職が望ましいのは、会社と問題を起こしたままやめると損害賠償などが起きることがあるからです。

今から1カ月で退職をしたいと言ったところ、1カ月後の納品が終わるまで働いて欲しいと言われた人がいます。

強行に退職したところ、得意先との約束である納品日より遅れてしまい、請負金額の値引きを要求されたという例があるのです。

会社側は損害が生じたのは社員の無理な退職にあると考えて、損害賠償請求をしたそうです。

会社との話し合いが充分でないにもかかわらず退職をしたために双方ともに大変な目にあってしまったわけです。できるだけ円満退職をしましょう。

再就職と失業保険の手当について

多くの人が、失業期間を短く済ませるために再就職を急ぐのではないでしょうか。

すぐに仕事が見つかるかどうかもわからないわけですから、再就職先を探すのと同時に失業保険を受給できるように手続きをしましょう。失業すれば自動的に失業保険が受け取れるわけではなく、手続きが色々と必要になります。

もしかしたら失業手当の対象になっていない可能性もありますので、再就職を視野に入れている場合は、退職する前に確認してみるといいでしょう。仕事をやめた時に再就職に向けて就職活動をしっかり行っていること。

また、退職日より一年前から被保険者期間が半年以上なければいけません。複数の会社に勤めている場合でも、被保険者の期間を合計する事ができるので失業保険の手当てを受け取ることができます。

失業手当をもらっていた期間があったり、再就職に1年以上を要していると失業手当の対象外になりますので、その点もチェックしておきましょう。

会社を退社した場合には収入が無くなり、生活していけるかどうか誰でも心配になるものです。家族を養っていたり、住宅ローンの返済があるという人は、どうしても月々に払わなければならないお金があります。

無収入の期間をできるだけ短くするために再就職を頑張りはしても、短期間で再就職が果たせるかどうかは、不透明なことが多いものです。

収入がないのに支出はあるという状況では、貯金がみるみるうちに少なくなっていって、精神的なストレスも積み上がってきます。

再就職をするまでの間に少しでも収入になる失業保険の手当てを受給できるように予め準備をしておくことが大切です。

-仕事, 転職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5