仕事 就職

人材採用をする企業は面接を重視

人材採用をする企業は面接を重視

最近は、企業の景気が上向いていることから、求人を増やす企業が増加しています。就職する側にとっては様々な企業に思い切ってチャレンジできるだけでなく、職業選択の幅が広がりとてもいい傾向といえます。

しかし、よいことばかりではなく、その反対に弊害があるということも事実です。応募してきた人を十分に吟味することなく、採用を決めて頭数を確保しようとする企業もあります。

一方、採用される方も、内定が決まったことを自分の能力が秀でいるからだと思い込んでしまう人もいるようです。仕事をはじめてしばらくしてから、適性面に問題があることに気づく人もいます。

会社が求める人物像に近い人かどうかをはっきりさせるために採用試験の場では、最終段階として面接を受けることになります。

個別面接やグループ面接のほか、役員面接など様々なパターンがありますが、理想はある程度の責任のある人が個別で面接してくれるケースです。通常は履歴書を見ながら、面接は進められていくものです。

しかし、履歴書を読めば分かるような内容の質問ばかりだったら、その面接は注意が必要です。

会社側が、本腰を入れて人を採用したいと思っているならば、面接の場で、履歴書をただ追認するだけの質問だけということはありません。

採用したい人材なのか見極めたいと本気で企業が考えているならば、面接にも自然と気合いが入ってきて当然でしょう。

企業サイドが、真に会社にとって有益な人材を見つけ出したいと思っているならば、形ばかりの面接に終始するといったことは起こりえないでしょう。

人材を募集する時の求人広告の内容について

どんなことに留意をして、人材募集の求人を出すといいものなのでしょう。仕事を探している人は、どのような点に関心を持っているかを想像することがポイントです。

求人倍率が右肩上がりになっているこの頃は、かつてのように会社側の都合だけで求人情報をまとめることはできません。何を期待して新しい会社を探しているかと人を採用する時にどんな人を求めているかは、全く違うものです。

多くの場合、企業が新しい人材を求めている時とは、ポジティブな事情を持っていることが多いと言われています。

新しい事業を始めるための人材を求めていたり、生産をあげるために人を増やしたい、店舗数を増やす予定があるなどの要素です。ですが、仕事を探している側の人は、人材募集の理由が、後ろ暗いものではないかを警戒しています。

例えば、会社にとって問題になることが発生し、大量に人が辞めてしまったので、新しい人材を探している可能性はないだろうかと考えるのです。

応募者が不要な疑いを抱かないように企業側としても求人を出す時には、ポジティブな理由があるならその理由をはっきり書いて募集をかけると人が集まりやすいようです。

どうして今この時期に人材募集をしているのか、好待遇の理由はどこにあるのかなど、前向きな理由があるならばそれも書くといいでしょう。

説明書きを何も入れずに給与の高い求人を出すと求人票を見ている側の人は、仕事がきつすぎるのではないかなど、勘ぐってしまいがちです。

情報の中に納得しづらい部分があると人は悪い想像を巡らせがちですので、人材募集の内容を書く時は要注意です。

-仕事, 就職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5