仕事 就職

仕事選びで失敗しないためには業界の比較が大切

仕事選びで失敗しないためには業界の比較が大切

新卒の学生が就職活動をする時には、金融業界や航空会社、旅行会社の倍率が特に高くなります。

そのほかにもサービス業や情報関連企業などの業界には大手の企業が多く、商社や製造業と比べて大きな差をつけています。ただし、中途採用者の転職活動では、業界の人気ぶりは異なっています。

転職時に希望する業界は、IT企業や製造業が上位を占めており、サービス業は転職先としての人気が新卒者に比べて低い傾向が見られます。どうして、新卒の人と転職を希望する人は、入りたい業界が違うのでしょう。

転職者は一度社会に出ており、実際の現場で仕事をしているため、金融業や小売業などのサービス業界の実情の厳しさを知っている人が多いのです。

サービス業は、外から見る限りでは華やかで憧れる要素が多いようにも見えますが、実際は離職率がとても高い業界で、やめる人が後を絶ちません。

日曜や祝日など、多くの人が休日で仕事が無いときに働いて、消費者や利用者にサービスを提供することのストレスが大きいことが離職率につながっています。

経済情勢が低迷すると真っ先に客足が途絶えるのはサービス業ですので、安定収入を確保できない場合もあります。多くの人が憧れで仕事を選んでいますが、業界特有のメリットやデメリットがあります。

なりたい仕事への就職活動を行う時には、まずどんな業界なのか情報を集めて、自分のイメージとの照合をしましょう。

仕事を選ぶときには仕事内容や給料をチェックするのも重要ですが、その会社の業界についても確認しておくことが大切です。

仕事探しのポイント

仕事探しでは、何かとコストがかかるものです。会社によっては、面接会場までの経費を出してくれるというところもあります。

現地までの移動費を出すという会社なら、働く人に優しく、経営が順調にいっているというイメージを抱けるでしょう。実際、対応の良い会社に採用された場合、居心地の良さや将来性から、比較的長く勤務する人が多いようです。

仕事探しを成功させるには、面接での様子も確認したいポイントです。うまく採用試験を合格しても、面接で会った会社の人が問題がありそうであれば、先々に不安が待っていることもあります。

採用担当者に問題があるような会社なら、就職が決まってもこちらから蹴った方がいいかもしれません。仕事探しを繰り返す内に面接官の顔を見ただけで会社の内情が判断出来る様になるかもしれません。

履歴書は個人情報のかたまりですので、何らかの理由で合格されなかったという時は、履歴書を手元に戻すように会社に頼むといいでしょう。

何かのミスで外部に漏れてしまっては大変迷惑なことになりますから、自分の情報は自分で守ってください。採用されても働く気がなくなったり、明らかに不採用だった時はその場で履歴書を返してもらうという方法もありますし、返信用封筒を送る手もあります。

時には、自分がこの会社を選択してやったんだ、というほどの気概がなければ会社に威圧されてしまうこともありますし、会社に迎合しているだけでは仕事探しはうまくいきません。

自分が希望する会社に就職できることが、仕事探しで求めるところです。

再就職する時に理解してくべき点について

無事に再就職先を決められるかどうかについては、無職期間をつくるかどうかも重要です。採用すべき人材を探している企業は、働きながら再就職先を探している人のほうが都合がいいこともあります。

今の会社を退職してから、新しく再就職先を探すまでどんなスケジュールで動くかは個人差がありますが、企業は仕事の間隔が大きいと気にかけるようです。

あまりにも長期にわたって無職の期間が続いていると就職活動をしていたと言われても、納得できないこともあります。

もしも無職の期間が長くなってしまったという人は、面接で話題に出された場合でも、事情を話せるようにしましょう。長期にわたって仕事をしていなかったのは、当人の適性に関係するかもと解釈されたりします。

人から紹介してもらったために次の仕事を決める時に間隔があかずにすんだという例も少なくありません。

その人が有能だとしても、周囲にそのことを理解してもらって、再就職ができるかについては、必ずしもつながらないということがいえます。

友人や知人の紹介があると再就職が容易になるとはいえ、業種によっては確実ではありません。今の仕事をやめて、新しい仕事に再就職をしたいと思っても、そのための実績や資格やスキルを持っているとは限らないためです。

人によっては、実績や資格は申し分ないのに納得のいく再就職先が見つからないこともあります。再就職を望んでも、つきたい仕事の求人がなかかな見つからないという可能性も、視野に入れておくことが大事です。

-仕事, 就職