転職

未経験からの転職のコツってあるの?

未経験での転職について

現在の職種や業種とは違う未経験の分野で働きたいという人は、転職を考える時にけっこういるでしょう。一口に未経験といっても、業界が未経験なのか、職種が未経験なのかで大きな差があります。

職種の経験があれば業界が未経験もで、転職できる可能性はまだあるといえます。転職を製造業の営業にいた人が、IT関連の営業にしたいのであればそれほど共通項を探すことは厳しいことではないでしょう。

難易度の高い転職となるのは、どちらも未経験であるという場合です。視野を拡げるという意味でも将来的にプラスになることも、未経験分野への転職にはあるようです。積極的に問い合わせてみても、未経験可の求人があれば良いのではないでしょうか。

どんな人でも最初は未経験です。転職を未経験分野へする時に大切なことは、その仕事をどうして未経験にもかかわらずしたいかを明確にしておくことなのです。明確な志望動機でなければ覚束なくなるのは面接での自己アピールですし、影響を転職活動を続けるモチベーションにも及ぼすことになります。

コミュニケーション能力が高く、情報収集力や情報活用力が高い人が、採用基準は会社によって違うとはいえ有利になります。未経験者でも採用する業種は、年齢にもよりますが、転職理由や志望動機が前向きで納得のいくものであればけっこう多いといえるでしょう。

未経験からの転職のコツ

未経験分野への転職を成功させるには、今までの自分のスキルや経験をどうアピールできるかが重要です。

把握しておきたいのは、求人を出している企業が、何を重視してどんな人材を求めているかということです。未経験の求人を会社が出す目的はどのようなものなのかという情報はとても重要です。

目的がわかれば、どんな自己アピールが有効かが見えてきます。重要なのは、会社に自分の経験や考え方が利益をもたらすということをしっかり伝えることではないでしょうか。

志望の熱意を伝えることも、未経験の転職を成功させるには重要だといえます。自己PR書や職務経歴書を作成したり、添え状に熱意の伝わる言葉をつけるなどの方法があります。

自分の言葉で具体的なことを書けるかが大事ですので、マニュアル的な表現はやめましょう。自己分析と転職理由を考えることは、志望動機を説得力のあるものにするためには大切なのです。

自分がやりたいことを職種にとらわれず考えることによって、未経験分野への転職意思を相手に伝える突破口が見えてくることがあります。

転職を未経験分野へする場合、状況は齢によっても異なるものです。

十分な求人があるとえるのは、第二新卒や20代であれば、未経験可の転職としてあるでしょう。社会経験や実務経験をどうアピールにつなげられるかがポイントになるのは、30代や40代の未経験分野への転職の場合でしょう。

未経験の人が転職して正社員になれるか

未経験の仕事だけれど、正社員として採用してほしいと考える人は、案外と大勢いるようです。未経験だとしても可能性が低いということはなく、正社員として仕事をすることはできます。

未経験者を採用し、一から作業の内容を覚えてもらうことで、ゆくゆくは会社に必要な能力を有してほしいと思うことがあります。経験者に比べると未経験者に戦力になってもらうための関門はいくつもありますが、絶対に無理というわけではないようです。

会社によっては、まずはアルバイトで働いてもらうということもあります。勤務態度に問題がなく、むしろ高い実績を上げていることが確認できれば、正社員の道が開けることがあります。

働き手が慢性的に不足しているため、正社員になってくれるなら未経験者でも構わない業種もあります。例えば、建築業界や介護や医療業界は常に人手不足の状態にあるので、正社員の採用はたくさんあります。

仕事はあるのに労働力が不足しているという会社なら、未経験者が正社員になる余地がいくらでもあります。未経験者でも、採用されれば正社員になれるというのは魅力的ですが、仕事の拘束時間が長くなったり、内容がきつかったりします。

正社員として働き初めてから、技術や実績を積んでいけばいいという仕事なら、未経験者でも正社員として採用してもらえます。未経験者優遇で採用している企業もありますので、転職先にいいところはないか探してみるといいでしょう。

未経験の求人に転職する場合の注意点

実際に就いたことのない業種だけれど、未経験可の求人を見つけて、転職を試みようと思うような方もいます。

未経験の求人に転職する場合にはどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。未経験可の求人を出す企業にはさまざまな事情があります。

未経験者でも採用しますという求人を出すことによってたくさんの応募を集め、今すぐにでも人を雇いたいという企業もあります。

転職を考えている人にとって未経験可の求人は魅力的に見えることがありますが、仕事そのものの難易度は低い可能性があります。誰でもできる単調な仕事で、成長の見込めない、刺激の少ない仕事になることもあるといいます。

飽きてしまって、続けることが困難になってしまうという人もいます。単純作業の繰り返しであり、経験がなくてもすぐできる代わりに給料も低く残業が長いばかりという場合もあります。

企業にとっても採用がむずかしいポジションというものがあります。会社によっては、経験のない人でいいから採用して、技術的なものは現場で仕事をしながら会得してもらおうともいます。未経験可の求人に転職した場合ほとんどの場合しっかりとしたOJTは受けられないと思ったほうが良いでしょう。

経験がないのは自分だけ、社内の人は皆相応の知識も経験も持っているという職場環境を受け入れる心の準備が必要になるでしょう。経験のない業種へ転職をする人は、不利な環境にあってもへこたれずにがんばり続けるぐらいの気概が必要になります。

-転職