転職

転職して仕事を変わる期間について

転職して仕事を変わる期間について

だいたい3ヶ月から半年が、転職を検討し始めてから次の仕事先が見つかるまでの平均的な期間だといわれています。

その期間よりも長く、転職するために時間をかけてしまうと転職を断念してしまうケースが、新しい仕事先を探す気力が薄れてしまうことで多くなるそうです。即戦力を求めてるといえるのが、中途採用を受け付けている企業です。

転職に有利なのは、1ヶ月後に勤務可能な人材と半年先でなければ入社不可能な人材の場合、どちらであるかは、余程のスキルと自信がある場合は別として、はっきりとしています。希望の仕事に転職するためにも、事前から退社のタイミングを計っておきましょう。

転職の話は、新しい仕事先が決まるまでは、上司や同僚にすることは必要なことではありません。ただし、管理職などの責任あるポジションに就いている場合には、現在関わっている仕事が一段落して引き継ぎできるまでは、転職活動を控えるのがベターです。

計画的な引き継ぎをしないと面接の時間を割くのも難しくなりますし、自分自身のゆとりも奪われてしまいます。また、引き止められた場合のことも考えて、新しい職場への入社可能日は、現職の規定の退職準備期間よりも遅めに設定するのが賢明です。

入社日が延びて、せっかく新しい仕事先が決まったのに転職がご破算となるのは絶対に避けたいことです。就職先の企業も、短期間の遅れであれば納得してくれるというこもありえます。前もって計画を立てて、転職して仕事を変わる場合には、周りに迷惑をかけないようにすることが重要なのではないでしょうか。

-転職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5