就職

就職活動時の面接で質問される事とは

就職活動時の面接で質問される事とは

就職活動を成功させるためには、採用面接は避けて通れないものです。近年は、景気が上向いてきているとされていますが、就職活動中の人からすれば、仕事探しはきついものがあります。

企業への採用をもらうためには、面接でよい結果を出さなければならないことは周知の事実です。会社が行う採用面接は、聞かれるないようやどんな点を見られているのかは、その時々によって違っています。

しかしどんな会社の面接に行っても、必ず質問されることがあります。それは前職をなぜ辞めたのかという質問です。

大抵の場合、前職をやめた理由は、給与などの待遇や人間関係が原因になっている事が多いのではないでしょうか。

ありのままを面接の場で話すとそれが原因でマイナスの評価が下され、採用がもらえないということもあるようです。どうして仕事を辞めたのか聞かれた時は、起こったことを話すにしろ、言い方を考えましょう。

自分をより向上させたかったとか、新しい職場で自分の能力を試したかったなど、前向きな言い方をすることで、印象を変えられます。以前の会社でここがよくなかったという言い方はせずに仕事を変えることで自分の能力を生かしたいなどの明るい言い回しにしましょう。

前職を辞めた理由に対しては、応募するに至った理由やこれからの仕事に対しての意気込みに繋げることができれば、より良い回答です。

根も葉もないうそは問題外ですが、これからの将来のために前の会社を退職したことを伝えられれば、評価が高くなるでしょう。

模擬面接の重要性

面接指導の中でも就職活動時に必要なものひとつにあげられるのが、模擬面接です。自分自身の弱点が本番前に把握できるので、模擬面接の指導を受けることで、弱点対策をするこおも不可能ではありません。

中には思いついたことだけを面接の場で話してうまく就職できた人もいるようですが、大部分の人が、うまく言いたいことが伝えきれなかったと感想を述べています。

根本原因が練習不足でうまくいかなかったという可能性は、十分にあるといえるでしょう。模擬面接で指導を受けて十分に練習を積んでおくことは意味があるのです。

自信や経験が本番の面接の成功につながりますので、模擬面接であってもうまくやりとげることができれば良いでしょう。緊張しやすい人は、面接という場に慣れることで緊張の度合いを減らせるものです。

学生同士でも3人1組でできるのが、模擬面接です。1人はやりとりをチェックする観察者役、1人は面接官役になりましょう。面接官役に大学の就職支援の職員になって指導してもらうというのも良い方法です。

一連の部屋への入室、挨拶、退室などの面接の流れも見てもらい、チェックしてもらって、実際の受け答えだけに限らず指導を受けておきましょう。

本番気分を出すために服装なども実際の就職活動のものにすべきです。何度か模擬面接の指導をを繰り返し受けているうちに就職のための自己PRの方法なども見えてきます。

面接の際の質問に的確に回答する方法

大抵の企業では、採用者を決めるための手順の一部に面接があります。

希望の就職を果たすためには、面接をうまくやり遂げることが重要だといえるでしょう。

いくつかの面接スタイルがありますが、基本的には面接官からの質問にこちらが答えていくという方式になります。質問の主旨をくみ取って、適切に答えることができなければ、評価が下がります。

相手が何を質問しているのかを聞くことが大事です。当然のことかもしれませんが、面接の場で緊張していると案外と聞き漏らしてしまいがちです。どんな質問をされたのか十分に理解できずに何となくで話を続けていると打っても響かない人物だと思われることもあります。

言い直してほしいことやとっさに理解できない質問があった場合は、むしろ質問し直したほうがいいこともあります。

聞かれたことに不足のないように答えたいと思いすぎて、質問に対する答えが冗長になりすぎてしまうということもあります。できるだけ簡潔に要を得た話し方をすることが重要であり、大体1分を目安に話せるようにしておきましよう。

しゃべりながら、体感で時間を感じ摂ることは困難ですが、事前に時計を意識しながら話すことで、1分話すということがどのくらいかがわかるでしょう。

採用面接でよく出る質問やテンプレートの回答内容などがまとめてある本も売り出されていますので、事前に準備を済ませておくことで、面接試験が受けやすくなります。

-就職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5