就職

就職活動の準備は自己分析と企業分析から

就職活動の準備は自己分析と企業分析から

就職活動の準備と聞いて思い浮かべることは、人によって千差万別です。具体的にすべきことがイメージできないという方には、自己分析と企業研究からのスタートがおすすめです。

今まで、自分がどんな経験を積んできたかやどんな実績があるかを掘り下げることが自己分析です。

他にも価値観や自分の興味のあることなどを把握することで、自分の能力を活かせる企業を見つけやすくなります。

今の自分が、過去のどんな経験によってできあがったかを知ることで、現時点の自分の適性や好みについて、より知ることができます。何が得意で、どんな思考をしているかがわかれば、それに基づいて仕事を選ぶ時の方向性を明確にできます。

就職活動の準備で自己分析がしっかりとできていると面接やエントリーシートの回答でもアピールできることも見つかります。

また、就職活動に取り組む時には、企業研究を進めておくことで、会社側の採用ニーズや面接の対策法を知る手がかりになります。

就職活動の経験がない人の場合、情報を集めているうちに世の中には色々な企業が存在していることに気づくでしょう。

調べていて気になる会社が見つかったら、その企業のことをさらに詳しく調べてみます。

販売している商品やその会社が社会に提供しているサービスを知れば、働く意欲を高めることにもつながります。

準備の段階で自分のことを捉え直しつつ、就職を希望する企業のことを詳しく知ることが、大切なポイントと言えます。

就職活動の準備

就職活動を成功させ、希望の職種につくには、事前準備を万端にしておくことが大事です。

具体的にはどのような準備をしたら良いのでしょうか。まずは自分自身を振り返り、自己分析をしなければなりません。

今までどんなことをしてきたのか、これからどんなことをしていきたいと考えているか、自分の中を探りましょう。

これから履歴書を書き、面接の場で自己PRをするためにも、自分のことをしっかり知っていきましょう。

まずは、今までの経験がどんなことをしてきたのかを考え直します。それから、現在の自分が持っているもの、スキルを拾いあげていきます。どんなことが他人より一歩先んじているかを、考えて見てください。

現在は持っていないけれど、これからそれを持てるようになって、将来はこうなっていきたいという絵図面を描いてみてください。自己分析ができたら就職活動をするための書類を作成します。

エントリーシートは最近ではほとんどの企業で採用されている選考書類です。会社によってエントリーシートの形式は異なりますが、大体似ている項目も存在しています。

自己分析と組み合わせて考えると書きやすく、エントリーシートよくある項目に職業や人生の考え方があります。

どの企業のエントリーシートでも書けることもありますが、企業ごとに書き分けが必要な項目もありますので、自分の考えをきちんと入れましょう。

希望通りの仕事につくためには、就職活動前に自己分析を十分に行い、考えを明確にしておくことです。

求人募集と情報収集

最近は、インターネットの就職サイトや就職情報誌から求人募集の情報を得て、仕事探しを行っているという方が多くなっています。ですが、ハローワークも案外と捨てたものではありません。

ハローワークは、ネットがなかった時代から、退職後の事務処理についてや求人募集や仕事の斡旋などをしてきた長い歴史があります。

ハローワークという言葉を聞くと今はもう時代遅れのように感じる方もいるようです。

ですがハローワークのネット化も進んでおり、情報サイトに劣らない求人情報を有しています。求人情報を探す時に一番大切なのが、情報を収集する方法です。

求人情報を扱っているインターネット上のホームページはいくつもあり、それぞれが求人募集の情報を得ているので、どれか1つで済むものではないのです。

複数の求人サイトに登録をすることで、どこか1つに自分の求める求人があるかを探すことも可能になります。求人の募集要項にじっくり目を通しながら、これはと思ったものがあれば積極的に応募しましょう。

応募前から求人をふるい落としすぎないようにします。今は、求人数に対して応募数が多くなりやすく、有効求人倍率も低い状況です。

求人一件につき、何人もの人が募集してきて、採用される人は一握りです。

状況を考慮すると興味がある求人募集を見つけたらまずは応募してみる位の勢いが必要になっているのも過言では無いようです。

-就職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5