就職 転職

第二新卒の就職と転職について

第二新卒と就職

第二新卒という言葉を、就職関連の記事を見ているとよく目にします。新卒者とは、主に今年新しく大学を卒業する人を指します。一方、卒業はしているものの、正社員として就職したことがない人のことを新卒と区別して第二新卒といいます。

パートやアルバイトなど一時的な仕事をしながら、正社員としての就職活動を継続している方もいるようです。派遣会社として働く道を選択する人も少なくありません。

新卒者の採用を予定している企業は、毎年、就職説明会や採用試験の応募を行っています。最近は、第二新卒者にも、新卒者と同じような条件で就職試験を行う企業が増えてきています。

第二新卒者扱いの場合、年齢制限を設けているケースも少なくないようです。何年も何年も正社員として採用されないという人は、そのために第二新卒扱いされなくなることもあります。

はっきりした基準が第二新卒には存在していませんので、その会社の第二新卒の基準には何かを調べる必要があるでしょう。

新卒者の場合、在学中の大学を利用することで就職活動に関する必要な情報を手に入りやすい環境にいます。第二新卒者の場合、就職に関する情報には自分自身が常に敏感でいることも大切です。

第二新卒での転職を成功させるためには

どういった点を重視して、第二新卒者は転職活動をするといいでしょう。

会社側は、第二新卒が社会人としての必要な要件を満たしていることを前提としています。言い替えれば、ビジネスマナーや言葉づかい、対人ノウハウなどが最低限はできていなければ、第二新卒の強みを持っていないことになります。

既に社会で働いたことがある人を雇う場合は、これらのことは大前提です。学ぶ姿勢や成長意欲を持っているかどうかが重要となります。

新たな人材を採用することは、それが第二新卒であれ、新卒者であれ、投資のようなものといえます。ものの数年で前の職場を離れた経歴がある人が、次の職場で再びそれを繰り返さないとは言えません。

短期間で辞められては企業は痛手です。なぜ、短期間で前の職場を辞めることになったかを話せるようにしておきましょう。かつての職場ではどんな経験を積み、それを今後どう活用できるかも重要です。

転職活動を成功させるためには、次の職場で長く働き続けられること会社の役に立つ存在になれることをアピールすることです。

大切なのは、入社したい理由ではなく、入社後にどのようなスキルでどのようなことをして会社に貢献できるかをきちんと述べられるかどうかです。

新卒で就職活動をする時よりも、会社に入った後のことをきちんと話すことができるかどうかが、第二新卒の転職では大事です。

第二新卒で転職するメリットについて

会社が第二新卒を正社員として雇用する魅力は、果たしてどんな点が挙げられるでしょう。

第二新卒よりも長い就業期間を経て転職を希望する中途採用者とは異なります。考え方によっては、第二新卒はまだ現場を任せられるだけの技術や経験を持っていなくても、それを補って余りある特徴があります。

即戦力になるほどの技術や経験はなくても、社会人としての新人研修は終わっており、一定の常識は持っているのが第二新卒です。

そのため、会社側は第二新卒に対しては新人研修をわざわざ行うことはありません。つまり、完全な新人に対して一から十まで教える手間を省きたい企業は、第二新卒を好んで採用するのです。

第二新卒の多くはまだ若く、中途採用者よりも将来の雇用期間が長くなります。中途採用者ほどの先入観を持たずに新しい環境に馴染みやすいと言われています。

第二新卒の転職者に対する採用状況はやさしくありません。最初の会社をすぐに辞めてしまったという経歴は問題視されますし、倍率も相当なものです。

メンタル面にネックがある人物であるかもしれないと見なされることもあります。同年齢の新卒者と同じくらいか、それより優れた人材でなければ採用されないという場合もあります。

もしも第二新卒として転職をするなら、強靭な精神力が求められます。

-就職, 転職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5