就職

合否を分ける就職のお礼状

合否を分ける就職のお礼状

お礼状を就職のときに出すことについてです。丁寧に対応しているはずなのに就職活動の選考において企業側にマイナスの印象を与えてしまうことがあるといいます。

企業と面接した後に書くお礼状が問題です。お礼状は現在、面接に合格するためのひとつのノウハウとして広く知られるようになりました。

ノウハウ本で就職することができるようにすすめるものなどでは、お礼状の送付について書いてあります。

予期しない面接後のお礼状は、面接の担当者としてはうれしいもので、プラスになる印象を与えることがほとんどです。企業側にとって、就職のお礼状を送ることはマイナスにはならないでしょう。

ただしお礼としての気持ちが込められていることが条件です。就職活動のノウハウ本やマニュアル本などに書かれているような形式的なお礼状になってしまうと相手側に与える印象は受かりたいという下心だけで、魅力的どころか逆の印象を与えることも否めません。

お礼状でマイナスになったケースでは、お礼状の中に不純なものを感じた、というものがあります。

面接の担当者に届いたお礼状があまりにもマニュアル通りですと形式だけではないかという印象を与えます。

相手に形式的と思われないためには、自分の面接を受けたときの感情を、一言でいいのでお礼状に入れてみることです。

自分の素直な言葉で、あの時の言葉はうれしかったですなどのように書いてみましょう。

失礼がないかと気にしながら書くと初めて就職のお礼状を送るときは大変緊張すると思いますが、もらった側としても感動することはないでしょう。相手に対する感謝の気持ちを率直に伝えることが大切なことなのです。

担当者の顔を思い浮かべながら、一言書き添えることが、就職のお礼状にとっては重要です。

就職のお礼状の内容

採用してもらったことに対して、謝意を伝えることが、就職で採用された時に書くべきお礼状の内容になります。

仕事がはじまったら、どんなことに頑張りたいかやどんな思いで仕事をするかなどを書くようにしてください。自分以外の人もお礼状を作成しているだろうことを念頭において、シンプルな言葉でまとめることです。

就職のお礼状を自分の言葉でと言われても、なかなかうまく言葉にできない人もいると思います。

どんなことを書くものか、一般的なサンプルを知りたいという場合は、ネットの就職支援サイトや手紙例文サイト、または就職情報誌を見てみましょう。

就職のお礼状は、まず第一に自分の言葉で書く事が大切なので、例文をそのまま流用するのは、あまりおすすめできません。もとの文章をアレンジして自分が書きやすい文章に変えてみたり、仕事の内容や面接時に話したことを盛り込むのもいいやり方です。

可能なら、サンプル文章をそのまま書かない方がいいでしょう。担当者の人と話した内容や面接でのやり取りを踏まえて、他の人には書けないようなお礼状を書くのも、おすすめです。

誤字や脱字などがないように十分に気をつけて、そして間違ってしまっても、修正液等での修正はせずに新しい用紙に書き直しましょう。

人名や会社名、部署名など、名前を間違えることがないようにしましょう。届ける相手の名前を間違うと言うのは、非常に失礼に当たりますので、絶対に無いように十二分に気をつけましょう。

就職のお礼状の必要性

就職活動で採用内定をもらった人の多くはお礼状を書くようになりましたが、わざわざお礼状を書くことはないと思っているような人もいるといいます。

絶対にお礼状を書かなければいけないという決め事が存在しているわけではないので、最終的な判断は個々人の考えに委ねられます。採用内定をもらうための心がけを書いた書籍では、お礼状はどんな場合でも書くことが望ましいとしていることがあります。

仕事を開始する日まで、相手に持ってもらう好感度は高ければ高いほどいいという人は、お礼状を書くことを勧めるケースが少なくありません。

本当のところを言えば、お礼状を書くかどうかが、採用やその後の仕事に関係することは、まずありません。

ごく小さな会社でない限りは、お礼状のような挨拶程度の書類は、採用担当者の手元に届くかどうかもはっきりしてはいないでしょう。

もう既に企業からの内定は出ていますので、お礼状を出すか否かで状況が変化するわけではなく、だったら出さないほうが断然楽という考え方もあるわけです。

お礼状を書いても、事務職の人の手に渡って終わりであり、お礼の心を伝えたいような、肝心な相手には届かない可能性も高いわけです。

そのため、内定に対するお礼状は、書くだけムダという見方も存在しているわてです。採用内定という結果が揺らぐものかどうかに関係なく、お礼状は出すことが当たり前という考え方もあるでしょう。

周りの人がお礼状を出しているかを気にかける人も少なくないですが、書くかどうかを決めるのは、最後は自分になります。

どうしても出さなければいけないという決め事があるわけではありません。お礼状を出すべきかどうかは、自分の価値観に基づいて決めるといいでしょう。

-就職

© 2021 役に立つ就職・転職情報まとめ Powered by AFFINGER5